Pocket

さとうみつろうさんの「神さまとおしゃべり」を読みました。

フェイスブックで私の周りの人たちが次々と読んでいたので、気になって読みました。
 
主人公さとうみつろうの所にある日神様が現れて、対人関係や夢などについてアドバイスをくれるという話です。
 
本が届いた時にはその分厚さにビックリしましたが、みつろうと神様のノリの良いポップな会話が極めて面白いので、苦にならずに読めました。
 
従来の読書感想なら本当はここで、この本の良かった点を挙げていくのですが、今回はちょっと難しいです。
 
面白かったんですけど、自分の中で上手く消化できそうにないからです。
 
書いてあることは理解できるんですけど、読んでる時は神様に説得されそんな気になるんですが、実際やるのはすごく難しいからです。
 
例えば、この現実は自分が見たいと願うものだけを写し出すから、自分がそうなりたいならただ信じる事だと神様は言います。
 
でも、宝クジを当たる前から当たったと本当に信じることは難しいです。
願いが叶う前から叶ったと信じるのは、やっぱりムリです。
だってリアルに想像できないし。
手元にある3千円を見て3億円だとは思えないんですよ。
 
頑張れば報われたいし、努力すれば上達したいんです。
 
幸せになりたければ、今幸せだと思えばいいって、分かるんですよ頭では。
でも幸せになりたい人は、現状に何らかの不満や不安があるんです。
だから幸せになりたいって思うんだけど、神様は不足している物に目が行くと、不足ばかりが気になって幸せにはなれないと。
 
もう卵が先か鶏が先か的な禅問答みたいな感覚です。
まあ神様とおしゃべりしてるんだから、ある意味禅問答でいいのかも(笑)
 
別にこの本が分かりずらい訳ではないんです。むしろメチャメチャ分かりやすく書いてあります。
でもどうしても腑に落ちない自分がいて、どう消化していいか分かりません。
 
そんなやや消化不良な私は、次にフェイスブックで私の周りにブームがきている心屋仁之助さんの「望んでいるものが手に入らない本当の理由」をこれから読んでみまーす。
 
早く腑に落ちる日が来るといいなあ。
 
神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

  • 作者:さとう みつろう
  • 出版社:ワニブックス
  • 発売日: 2014-09-28
Pocket


Categories: 学びの体験 書評

About the Author

かーず459

不惑の40代会社員&子育て真っ最中。 趣味は手帳のカスタマイズと工作と字手紙。

Continue Reading...

さとうみつろうさんの「神さまとおしゃべり」を読みました。 フェイスブックで私の周りの人たちが次々と読…

Read Post

さとうみつろうさんの「神さまとおしゃべり」を読みました。 フェイスブックで私の周りの人たちが次々と読…

Read Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です