Pocket

ジェニファー・L・スコットさんの フランス人は10着しか服を持たないを読みました。

カリフォルニア生まれの著書が、フランスに留学した時のホストファミリーに、人生を豊かに生きる方法を学んだ体験について書かれている本です。
 
日本でもベスセラーになっていてるので、気になって読んでみました。
 
日々の暮らしを充実させるヒントについて、食・ファッション・教養・心構えなどのアドバイスが、たくさん書いてありました。

自分のスタイルを見つける

本書のタイトルにもあるように、10着の服でスッキリとしたワードローブを作ろうというのがファッションの項目の要点です。

数年前に近藤麻理恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」を読んで、その時はすごく感動して断捨離に励んだはずが、洋服ダンスはやはり逆戻り…。
なぜかイマイチときめかない物が増えています…。

今までオシャレは自分の為にするものだと思って洋服を選んでいましたが、人からどう見られたいか?という視点も取り入れてみることにします。

こんな洋服や髪型や化粧の人とじぶんなら一緒に仕事したいか?友達になりたいか?という問いかけみるのは、自分のスタイルを決めるのに役立ちそうです。

ミステリアスな雰囲気を漂わせる

沈黙は金なり。
沈黙に耐えられず自分のどうでもいいプライベートの話をしないという項目があります。

著者は沈黙が苦手だそうで、私も苦手でつい沈黙を話で埋めようとしてしまいます。
出産の時の分娩室で、陣痛の収まっている間に流れる、スタッフの沈黙は一番つらく、ついどうでもいい事を喋り続けてしまいました。

その位沈黙が苦手な私ですが、ニコニコ黙っているのも悪くないんですね。今度から挑戦してみます。

情熱を持って生きる

“その気になれば日常のささやかな事が特別になる。

大事なのは何をするかではなく、どのようにするかだ”

毎日を同じ事の繰り返しと思って同じ様に繰り返すか、特別な1日と位置付けて特別に生きるかは自分次第。

どんな日でも、素敵な1日にできるように今までも努力はしてきましたが、ついつい普通の日常に流されてしまいます。

それでも意識して繰り返せば、1週間に一度が2〜3日に一度になり、毎日ステキになるように成功頻度を上げていきたいです。

今日の字手紙

2015-05-29 06.22.54

【難】difficult
【自分を知る】It is difficult to know myself

 

結局どのような生活が自分にとって幸せかは、自分しか分からないし、それを考えるのも自分だけ。
 
正解がないだけに、客観的に自分を知るって難しいなあ〜と、いつも感じます。

 

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

  • 作者:近藤麻理恵
  • 出版社:サンマーク出版
  • 発売日: 2010-12-27

ブログランキングに参加しています。下のアイコンを押して頂けると、そのポイントが加算され、ランキングに反映されます。どうぞご協力よろしくお願い致します。↓

 ブログランキングへ   にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ にほんブログ村

 

Pocket


Categories: 学びの体験 書評

About the Author

かーず459

不惑の40代会社員&子育て真っ最中。 趣味は手帳のカスタマイズと工作と字手紙。

Continue Reading...

ジェニファー・L・スコットさんの フランス人は10着しか服を持たないを読みました。 カリフォルニア生…

Read Post

ジェニファー・L・スコットさんの フランス人は10着しか服を持たないを読みました。 カリフォルニア生…

Read Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です