Pocket

2015-04-28 14.32.06【攻】attack
 
【最初に飛び込む勇気】a courage jumping into the sea at first.
 
大西康之さん著の「ファーストペンギン楽天三木谷浩史の挑戦」を読みました。
楽天がいかにして大きくなっていったかを書いた本です。

スゴイ人を惹き付ける

これほどまでに高学歴の人達が、面白そうだからという理由で集まるってスゴイなあと思いました。
やはり社長の魅力って「この人についていけば面白いことがあるかも」って思わせる力なのかもしれませんね。
 
そして登場する人物がみんな熱い。1日のうちにどんだけ働いてるんだってくらい仕事してます。
何かこういう全てをかけて仕事するパワー、いいなあって思っちゃいました。
 

天才だな

ネットショッピング、野球の球団、金融、旅行、電話、電子書籍、メッセージジングサービス、動画配信等々、次々と買収を繰り返す度に大きくなる楽天だが、広くなっても社長の知識がついていけている所は人間じゃないと思いました。
 
基本的にとんでもなく頭いい人なんでしょうね。同時にいくつもの事考えて、1説明したら10思いつくみたいな人についていく周りは大変だろうなあと思いました。
 

PDCAサイクルが早い

やはり急成長する人はPDCA(計画→実行→修正→改善して実行)のサイクルが早いなあと思いました。
最初の計画もちゃんとしてるのでしょうが、その機動力が素晴らしいです。
その勢いを止めないで、継続するのは難しいですね。それには常に新しい事にチャレンジする他ないのかもしれません。

まとめ

読んでると熱さが伝染してくる感じがいいです。
ちょっとパワーダウンしている時にエネルギーチャージとして読んでみるのにお勧めです。
ファースト・ペンギン 楽天・三木谷浩史の挑戦

ファースト・ペンギン 楽天・三木谷浩史の挑戦

  • 作者:大西 康之
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014-11-22

ブログランキングに参加しています。下のアイコンを押して頂けると、そのポイントが加算され、ランキングに反映されます。どうぞご協力よろしくお願い致します。↓

 ブログランキングへ   にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ にほんブログ村

 

Pocket


Categories: 学びの体験 書評

About the Author

かーず459

不惑の40代会社員&子育て真っ最中。 趣味は手帳のカスタマイズと工作と字手紙。

Continue Reading...

【攻】attack   【最初に飛び込む勇気】a courage jumping into the …

Read Post

【攻】attack   【最初に飛び込む勇気】a courage jumping into the …

Read Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です