Pocket

kane【金】money
【おこづかいどうしよう?】How much should I give allowance to my daughter?
娘が小学校3年生になり、そろそろお小遣いをあげても良い年齢なのかな?と感じる今日この頃です。
色々市場調査をしてみて、いくらをいつから与えるのが適正か考え中です。

おこづかいの目的

そろそろ2桁以上の足し算や引き算も出来る様になり、おこづかい帳を書ける年齢になった事ことから、おこづかいを自分で管理させた方が良いかと考え始めました。ある程度のお金を与え、その中で自分の欲しい物を計画的に買うトレーニングを始めても良いかと思いました。

相場はいくら?

そうなると問題はいくらあげるかというポイントです。小学校3年生くらいだと世の中の平均はネットと私の周囲のママ友への聞き込みの結果500円前後が多そうです。
500円前後の場合は、おこづかいで買う物はお菓子や、ガチャガチャ、カードなどの小さいオモチャといった所でしょうか。
計画的にお金を使う事を学ぶという面から考えると私としては、本当はもう少し金額を上げて学校で使う文房具なども含めたい所ですが、余り多くあげて子供がお友達に自慢したり、貸してしまうなどの金銭トラブルになっても困るなあと心配になったりもします。

意外と多いポイント制

300円〜500円くらいをおこづかいにして、後は勉強やお手伝い等をしたら追加でご褒美がもらえるポイント制にしているお家も結構ありました。子供はこの方がやるモチベーションは上がるかもしれませんが、私としてはお手伝いは好意でやって欲しいと思っているので、あまり払いたくないなあというのが本音です。ご褒美ポイントはあっても良いかもしれませんが、何をしたらポイントを与えるかの判断基準がまた難しい所ですよね〜。

岩下式おこづかいトレーニング

ママ友の勧めで岩下桂子さんの著書「かしこい子どもを育てるおこづかいトレーニング」という本を読んでみました。
そのご家庭ではこの本を読んで早速取り入れている様で、効果もあると言っていました。
その内容を簡単にまとめる下記の様なルールになります。

  1. 与える金額は年齢X400円の中でやりくりする(基本的に欲しい物と、学校等で必要な物、洋服等全て自分で買う。一部金額が張る物は親の負担の場合もあり)
  2. 子どもが買う物に文句は言わない
  3. 一定額は毎月貯金する
  4. 学校で必要な道具代金(楽器や教材等値段が比較的高く突発的な物)も半額は自分で出す
  5. おこづかい帳は正直につける
  6. 借金前借りは禁止
  7. 毎月必ず寄付をする
  8. 毎月月末に必ず決算する
  9. 月末に残ったお金は貯金に回す
  10. 不明金にペナルティは課さない

    自分の必要な物全てを決められた金額の中でやりくりするのは、とても良いと思いますし、本では小学校1年生の子どももできたと書いてありますので、やればきっと出来るとは思うのですが、そこまで自分が腹をくくれる覚悟もまだ出来ないでおります。8歳X400円だと3200円で結構高額です。この金額をきちんと管理させる自信が私にない…。

まとめ

結局どうするか決心がつかないまま考え中な訳ですが、最終的に1〜2年後の岩下式を目指して、少ない金額から様子を見て行くことになりそうかな〜と思っております。

ブログランキングに参加しています。下のアイコンを押して頂けると、そのポイントが加算され、ランキングに反映されます。どうぞご協力よろしくお願い致します。↓

   にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ にほんブログ村ブログランキングへ 

 

Pocket


About the Author

かーず459

不惑の40代会社員&子育て真っ最中。 趣味は手帳のカスタマイズと工作と字手紙。

Continue Reading...

【金】money 【おこづかいどうしよう?】How much should I give allow…

Read Post

【金】money 【おこづかいどうしよう?】How much should I give allow…

Read Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です