Pocket

今年中学受験する娘ハリちゃん(仮名)ですが、思い返せば軽い気持ちで始めた受験でした。
これから中学受験を検討される方の参考になればと、ここまでを振り替えってみることにします。
 
今日は4年生編です。
 
 
我が家の場合は旦那と私の母が私立に乗り気だったので、なんとなく受験するなら皆4年生から集団塾に通うらしいと、大したビジョンもなく軽い気持ちで始めました。
 
 
4年生で親ができることの最初は塾を選ぶことでしょうか。
 
 
塾も個別、集団とありますが、とりあえず一番オーソドックスな集団塾からスタートしました。
 
 
大手塾ならサピックスが一番難しいとのことだったので、とりあえずサピックスに行っておけば後で変えることはできるかな?
くらいの気持ちで選びました。
 
 
しかし、今振り返れば塾の選び方も色々ポイントがあります。
 

塾選びのポイント

  1.  距離
  2. 塾のカラー
  3. 塾の大きさ
 

1. 距離は最初は余り気にしなかったのですが、学年が上がるごとに通塾回数も増えるので、近いに越したことはありません。

送り迎えなど親の負担もありますし、近さは意外と大事でした。

2. 塾のカラーは体験できれば体験してみた方がいいと思います。

すごく偏差値が高い学校を狙うなら、サピックス。 

体育会系のノリが好きなら早稲田アカデミー、中堅の学校に強い日能研、公立中高一貫ならenaとか。

多少偏見もありますが、それぞれ得意な部分がある様です。子供の性格によっても好きな雰囲気が違いますよね。 

 3. 塾の大きさは、どちらが好きかだと思います。
大きな塾のメリットとしては、人数が増えれば同じくらいの偏差値の生徒で1クラスになるので、実力に合った授業が受けられること、先生が多いので、合わなくても違うクラスになれば、すぐ変わること。
小さな塾のメリットは、先生の目が届くこと。
 
 
サピックスの入塾テストにギリギリ合格したハリちゃんでしたが、算数についていけませんでした。
塾の授業自体は楽しく通っていましたが、サピックスは宿題の量は半端なく多く、計算が遅いと、とてもじゃないけどこなせません。
塾も付いてこれる人がついて来れば良い的な感じなので、自分から質問とかしてドンドン問題解くタイプなら良いでしょうが、
宿題がこなせず、いつも追われて、プリントも山の様で、親も整理するのが大変です。
 
 
そんなこんなで、親子でヘトヘトになり、通塾にも時間がかかった為、4年の秋に近所の四谷大塚系列の小さな塾に転塾しました。
 
 
早稲田アカデミーも近所にあるのですが、宿題の量はサピックスと同じくらいの体育会系と噂を聞き、転塾するのに余り違わないなら意味ないかなと考え四谷大塚系にしました。
運動部系のノリの競争大好き男子は早稲田アカデミーに通っている子が多いです。我が家は文化系おっとり型なので、難しいかと思いました。
 
 
新しい塾は、「うちは塾で全部面倒みますよ」が売りで、宿題もQAの時間があり、その時間でやったり、教えてくれるのがよかったです。
 
保護者の面談もサピックスは保護者会で集団の説明会しかなかったのに対し、個人面談で色々相談に乗ってもらえるのが、親としてはよかったです。
 
 
 
サピックスは進みが多少他の塾より早いので、転塾する時も特に問題ありませんでした。
 
 
それでも、やはり算数がなかなかネックになって成績が伸びません。
元々のんびり屋なので、やっぱり宿題にイッパイイッパイな日々は続きます。
Pocket


About the Author

かーず459

不惑の40代会社員&子育て真っ最中。 趣味は手帳のカスタマイズと工作と字手紙。

Continue Reading...

今年6年生の娘の中学受験を振り返って今思う事、4年生編です。

Read Post

今年6年生の娘の中学受験を振り返って今思う事、4年生編です。

Read Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です